梅雨に入りましたが、例年通り晴れの日が続く上高地です。ただ、夏山シーズン前の静かな時期ですのでスタッフ達も交代で、一足早い夏休みに入りました。

今年、私は男の厄年であります。

産まれながら運だけには恵まれて生きてきましたが、厄年と言われるとどこか気持ちが悪い気はします。

そう言えば今年、運転していると赤信号によく引っかかる気がします。

春には、初めてネット詐欺にあいました。

先日、携帯電話カバーを新品に変える際、非常用に忍ばせていた5,000円を入れたまま、古いカバーをお店に置いてきたこともありました。

こんなに運のない年はない!

と若女将を説得し、伊勢神宮に厄払いに行くという作戦を考え、伊勢に一人旅をしてきました…。

もちろん、メインは伊勢神宮の厄払いですが、以前から気になっていた旅館がありましたので、そちらが本当の目的です。

当園も相当不便な場所にありますが、こちらの旅館も負けていません。もちろん、車で行ける場所にありますが、旅館に着くまでは私道です。

分類的には、ミシュランにも掲載されている高級旅館です。(こんなところに家族で泊まったらえらいことになります…)

旅館名は、「The earth」さん。

連泊するので、参考になるものを見つけられたり、お話を聞けたらなと思って参りました。

民家もない、手入れもされていない山を越え頂上で差し掛かったところでようやく見えてきました。

かっこよすぎです。

チェックインを済ませ、ハード面のチェックからスタッフの教育、イレギュラーパターンの対応等嫌らしいことをしていたのですが、なにせ怪しい。

写真を撮るにしても、正面玄関など撮らず、こんなところばかり写しています。

ウロウロしていると、

「上條様でらっしゃいますか?」

という声が聞こえます。そこに立っていたのは、上品を絵に描いたような紳士。この旅館の総支配人さんでした。

怪しすぎる宿泊客に総支配人登場!

かと思ったのですが、実は上高地の大ファンで私のことも見たことがある。しかも、何が参考になるのかわかりませんが、去年徳澤園に宿泊頂いてるということでした。

世間は狭すぎる。

正式に素性を明かし、長い時間お話をさせて頂きました。人材のこと、サービスのこと、調理人のこと、予約システムのことはもちろん、下水処理や電力確保など共に不便な場所に建つが故のお話も聞かせて頂きました。

職業上、色々なところを見に行きますが、今回は本当に充実した視察になり、素晴らしい出会いとなりました!