雑誌が売れない時代です。情報はインターネットを見れば簡単に手に入れることができて、しかも無料です。

ただ、その情報が正確なのかは定かではありませんし、仮に間違っていたとしても誰も責任を取ってくれません。

従って、今は雑誌を買うことは情報を手に入れる為ではなく、正確さ責任にお金を払っているのかもしれません。

登山に関しては、正確な情報が不可欠です。

山雑誌。

山ガールが流行った頃には、数えきれない程の雑誌がありました。

今は落ち着いて、やはり昔からある数冊だけが残りました。

山雑誌といえば皆さんお馴染みの「山と渓谷」。

ヤマケイよりも読みやすく、ファッションや道具なんかも分かりやすく紹介されてる「ワンダーフォーゲル」。

登山初心者から流行を敏感に反映している「PEAKS」。

この3誌が山雑誌の代表格ではないでしょうか。

今月の3誌。

なんと合わせたように、全て穂高特集が組まれています!

登山者の憧れ穂高。

今年の夏は穂高を目指す人が多そうです!