上高地 徳澤園のブログ

日: 2019年10月27日

いよいよ

いよいよあと一週間で営業終了となりました。

今年を思い出すと様々なことがありましたが、やはり台風19号で全ての記憶が飛んでしまったといいますか、秋の猛繁忙期にこんなに閑散とした上高地にいることが強烈な印象の一年になってしまいました。

今は、中央線、中央本線も開通し平常を取り戻しつつあります。

現在の徳沢は、本当に静かで、木々の葉も落ち哀愁漂う雰囲気ですが、これもこれでいいものです。

今年のスタッフ達も、シーズン契約を済ませ徐々に下山していきます。今年もみんな素直ないい子達でした。

外部の口コミを、時々恐る恐る見るのですが、たくさんの方がスタッフ達を褒めてくれている投稿が目立ちます。

やはり、我々はサービス業。施設、食事ももちろん大切ですが、それに携わるスタッフ達の対応が、旅の思い出を左右することに気づかされます。

ハイシーズンには、25名にもなります。

先日、久しぶりに全員出勤でしたので記念撮影をしました。

 

来年の準備も徐々に進んでいます。

来年は効率的な機械導入などを考えていますので、皆さんに直に実感できる改装はお休みしますが、その効率が上がったことで皆様にホスピタリティという形で返せたらと思っています。

オリジナル商品の充実は積極的に行います。物が売れない時代ですが、自分のためのクオリティ、デザインのいいものは皆さん興味があるようです。

 

毎年恒例の社員研修…。

台風が来る前に今年も行くと宣言をしてしまいました…。まさか、その後にこんな事態になるとは思わず…。

出来たら撤回をしたいのですが…

男に二言はなし!

今年は、ニューヨークにオリジナルお土産になるものを探しに行ってきます。

後一週間。名残惜しく、悔いも残る年となりましたが、今年も無事に下山を迎えられそうです。

贈り物

フロント くりです。

もうすっかり、かつらの葉も散り、上高地のカラマツの黄葉が見ごろになってきました。先日は穂高に雪が降り今年初冠雪いたしました。短かった秋が終わり冬が始まろうとしています。

わたくしごとですが、先日、私の父母がお友達を連れて徳沢まで泊まりに来てくれました。

とはいっても、岐阜に住んでいるので年に2回は泊まりに来ておりまして、いわば常連さん化している私の両親。もうすっかりスタッフたちとも顔なじみです・・・。嬉しいような恥ずかしいような・・・。

そんな両親から宿泊前日に「秋の味覚もっていきまーす」とLINEが。

当日、お休みを頂いて上高地まで迎えに行くと、「これから北アルプス縦走します!しかもテント泊です!」というくらいの大きなザックを背負った父の姿が。

休憩をはさみつつ、ようやく徳沢に着いてザックを開ければ中からなんと、大量の柿が。

「女将さんたちと従業員さんで食べてね」と30個もの柿をボッカしてきてくれました・・・。

山にいると食べたくなるフルーツ。(あと、ジャンクフードも食べたくなりますが、)ありがたい・・・。こんな重たいものを持ってきてくれた両親に感謝です・・・

私の父親ってこんなにたくましかったのか・・・とびっくりする反面、そういえば昔は「自称 山男」で、夏休みの家族旅行は登山。そして、どこで働くか悩んでいた私に、山小屋で働くのを勧めてきたのも父だったなあと、思い出すとっても美味しい贈り物でした。

P.S
今年の夏にみちくさショップ店頭で販売を始めました「スタウトエアボトル」。

この度、WEB SHOPの方でも取り扱いを開始いたしました。

在庫限りにはなりますが、冬の間もネットのほうは営業しておりますので、もしよろしければご利用下さいませ!!

くり