上高地 徳澤園のブログ

月: 2020年10月

新鮮

まだもう少しシーズンは残っていますが、すっかり静かな徳沢です。

総括するのは早いのですが、静かなキャンプ場を眺めながら色々と思い出しています。

新しい生活様式にも少しづつ慣れてようやく次のことを考えられるようになってきました。

来年はこんなことしたいというアイデアも浮かびこんなタイミングですがやる気に満ちています。

お客様が少なくなってからやる気になる!

やれと言われればやらない。やるなと言われればやる、この性格は昔から変わりません…。

来年の挑戦はあまりにも突飛押しもないアイデアですので、もう少し各所に相談したり裏をとったりしなければいけませんのでお伝えできませんが、先日今年らしい取材を受けました。

 

https://pinch-hitter.jp/articles/

ザ・ピンチヒッターさんと言うWEBマガジンです。このコロナ禍をどういうアイデアで乗り切ったのかという特集です。(内容はまたアップされたらご覧ください。)

 

取材は主流になった「zoom」でということで初めてzoomでの取材を行いました。

 

今、将来の観光と仕事の両立でワーケーションというものが注目されています。国の方も盛んにワーケーションを推奨しています。

実際に、お客様にも来年ワーケーションとかやらないのですか?と言う質問も何回も受けました。

ただ、山の奥で本当に仕事になるのだろうか?

今、流行りで騒いでるだけで本当に需要があるのだろうか?

何を整えたらワーケーションになるのか?最低wifiはいるんだろうな…?

分からないことだらけでした。

実際にzoom取材を受けてみて。

とても快適でした。と言うより、私はこの環境に慣れてしまっていますので新鮮味には欠けますが、好きな場所で仕事が出来ると言うのは生き方として楽しみが広がるんだろうなと思います。

 

もちろん、wifiの件や滞在が何日にもなるでしょうから食事の問題。パソコンをリュックに入れて持って来れるのか。仕事ですので一人一部屋使用になるなどクリアしなければならない問題はありますが、6月の閑散期対策などには助かるなとか、ぶらキャンと融合出来たら面白いなとか考えました。

今まで考えなかったことがこれをきっかけに常識になる。

キャンプ場にレンタルデスクという時代になるかもしれません(笑)

明るい未来に

心が折れそうな時、苦しい時、自分だけでは乗り越えられそうにない時。愚痴りあったり、悩みを相談したり、本音を語ったりするととてもスッキリします。ましてや、それが同じような立場の人だと特に。

絶望の中から光が差し、光が刺してはまた試練が待ち受けていたこの1年。どうにかこうにかここまで来ました。

今までは目の前の困難や困惑をどう切り抜けるか。これから起こるかもしれない未曾有の出来事を想像しシュミレーションする。それの繰り返しでした。

皆様からも、来年の山小屋はどうなってしまうのかという質問もたくさん貰っています。

営業を始めて3ヶ月。何となくこのコロナとの付き合い方も少しずつですが分かってきました。この日本有数の山岳地帯北アルプスも明るい未来に向けてみんなで進み始めなければなりません。

先日、次世代を担う北アルプスの若手経営者にお集まり頂き、来年のこと。未来のことを話し合う機会を作りました。

まだまだお父さん達が活躍している山小屋も多いのですが、10年後には其々がお山の大将になっているメンバーです。

横尾山荘、涸沢ヒュッテ、北穂高小屋、槍ヶ岳山荘、蝶ヶ岳ヒュッテ、ホテル白樺荘、そして私。そして、共に国立公園を管理する環境省。

北穂高小屋の小山社長が最年長になりますが、その次が私という、二十代三十代のとてもフレッシュなメンバーです。

コロナの話、苦労話、愚痴に終始なるかと思いましたが、そんな後向きな話は殆どせず、これからの山小屋、山小屋の役割、地域の役割など今年の経験を踏まえつつとても明るい雰囲気になりました。

そして、何より感じたことは、抜群に優秀な経営者達だと痛感しました。冷静にこの状況を分析しつつ、悲観的な感情で物事も考えない。突発的な思いつきでは無く、常に建設的な考えを其々が持っています。
(その時の感情で突発的に考え出した俺の三蜜…。それに味をしめて出したヤマノマスク…。恥ずかしくなりました)

先月は、みちくさブログでも書いたように富士山の若者経営者と話をしました。今週は、北アルプスの仲間たちとも話をしました。

こんな魅力的な仲間と共に来年の山岳業界は明るいと確信しています!

WEBショップについて

4月の段階では今シーズン営業出来ないかもしれないという状況の中、今出来ることを考えてリニューアルしたみちくさWEBショップ。

本当に多くの方々にご支援を頂き、私たちが想像するより遥かに多くのご注文を頂きました。

5月。なりふり構わず安曇野の養蜂場に蜂蜜を取りに行き、一か八かで販売した、「俺の三蜜」。

発売前、こんな洒落をこのご時世に受け入れられるか心配でした。しかし、優しい皆様のお陰ですぐにsold out。ご自宅用はもちろん、ユニークな贈り物としてご購入頂きました。

そして、絶望的だった春の時間を、皆様からの温かいメッセージでスタッフ一同心の励みになったことが、このみちくさWEBショップをやって1番良かったと心から思います。

今年は本当に色々なことがありましたが、時が経つのは早いもので、もう間も無く下山の日が近づいてきました。

下山準備等もありますので、みちくさWEBショップは10月31日をもって一度お休みを頂き、来年3月1日よりリニューアルオープンさせて頂きます。

もちろん、リニューアルオープンに関しましては新商品も考えておりますし、来年も困った際には、スタッフを連れて安曇野の養蜂場に行く覚悟もあります。

本当にたくさんのご支援、応援ありがとうございました。

 

 

追伸

10月26日より特定商品を多少ではありますが割引にて販売致します。

在庫処分では御座いませんが、今年限定もの等の大人の事情もありますことをお察しくださいませ。

THE KARASAWA

今年見れなかった方の為に、涸沢に10日間も張りついて紅葉を撮り続けてくれた方から写真を頂きました。

やっぱり秋は涸沢!

来年は是非ご自身の目で見て頂きたいと思います!