まだもう少しシーズンは残っていますが、すっかり静かな徳沢です。

総括するのは早いのですが、静かなキャンプ場を眺めながら色々と思い出しています。

新しい生活様式にも少しづつ慣れてようやく次のことを考えられるようになってきました。

来年はこんなことしたいというアイデアも浮かびこんなタイミングですがやる気に満ちています。

お客様が少なくなってからやる気になる!

やれと言われればやらない。やるなと言われればやる、この性格は昔から変わりません…。

来年の挑戦はあまりにも突飛押しもないアイデアですので、もう少し各所に相談したり裏をとったりしなければいけませんのでお伝えできませんが、先日今年らしい取材を受けました。

 

https://pinch-hitter.jp/articles/

ザ・ピンチヒッターさんと言うWEBマガジンです。このコロナ禍をどういうアイデアで乗り切ったのかという特集です。(内容はまたアップされたらご覧ください。)

 

取材は主流になった「zoom」でということで初めてzoomでの取材を行いました。

 

今、将来の観光と仕事の両立でワーケーションというものが注目されています。国の方も盛んにワーケーションを推奨しています。

実際に、お客様にも来年ワーケーションとかやらないのですか?と言う質問も何回も受けました。

ただ、山の奥で本当に仕事になるのだろうか?

今、流行りで騒いでるだけで本当に需要があるのだろうか?

何を整えたらワーケーションになるのか?最低wifiはいるんだろうな…?

分からないことだらけでした。

実際にzoom取材を受けてみて。

とても快適でした。と言うより、私はこの環境に慣れてしまっていますので新鮮味には欠けますが、好きな場所で仕事が出来ると言うのは生き方として楽しみが広がるんだろうなと思います。

 

もちろん、wifiの件や滞在が何日にもなるでしょうから食事の問題。パソコンをリュックに入れて持って来れるのか。仕事ですので一人一部屋使用になるなどクリアしなければならない問題はありますが、6月の閑散期対策などには助かるなとか、ぶらキャンと融合出来たら面白いなとか考えました。

今まで考えなかったことがこれをきっかけに常識になる。

キャンプ場にレンタルデスクという時代になるかもしれません(笑)