上高地 徳澤園のブログ

月: 2021年3月

品薄

この時期は、上高地の雪解けを肌で感じる陽気になってほしいのですが、3月になってから余計に寒くなった松本です。

オープンに向け準備に追われていますが、例年と違うのは、リモートでの打合せが増えました。

先日は、寝袋を新調しようかとあるメーカーお話ししたのですが、数が揃わないと…。

本日は、レンタルテントを増やそうとあるメーカーお話ししたのですが、こちらも数に不安があると言われました。

アウトドアはやはり景気いいですねと冗談を言ってみたのですが、事情は違うみたいです。

メーカーさん共通なのは、コロナで世界情勢が不安定で、どこかの国でパーツが一つでも遅れると商品が完成しない点。さらに、世界的にキャンプブームらしくアウトドア用品が取り合いになっているそうです。

購買意欲を煽っている訳ではありませんが、夏前に道具確保をお勧めします。

(追記)
使い捨てゴム手袋も大量に使いますので、確保に走っていますが、こちらも極品薄状態で、各国でワクチン接触が始まり上げ止まりが続いています。

逆にアクリル板などは、当園は昨年1番高騰している時期に設置したので、現在は1/3程度に…。
うちのアクリル板に「高級」というシールでも貼ろうかと思っています…。

非日常

時代にマッチした非日常を提案できないかと考えた一年でした。

感染対策をきちんと講じた上での話です。

閉塞感漂い、楽しいことをしてはいけない。思い切り笑ってはいけない。

どこかで誰かに見られてはいけないと拘束され過ごしてる日々の中で、我々観光業まで笑顔を抑えていては、これからしばらく続く新しい日常に希望が持てないと思います。

私の大好きな三浦知良選手が言っています。

「我慢は、先が見えてこそ我慢できるもの」

凄く共感します。

 

だからこそ、再三申し上げますが、あくまで感染対策をきちんとした上で、新しい楽しみをご提案することが、我々観光業の使命だと思います。

昨年観光業は不要不急と言われ続けました。

でも、私を含めスタッフ全員が信じていたのは、不急だけど不要ではない産業だということでした。

マスクをすること。消毒をこまめに繰り返すことだけが主役にならない娯楽を。

 

まだ、手続きの関係で公には出来ませんが、いい歳をした大人が真剣に遊べる企画を、私の周りにいるいい歳をした大人を集めて動き出しました。

私のような悪ふざけが好きなチャーミングな人間の周りには、同類が集まります。ポジティブ人間集団。しかし、こういう時代には頼もしい。

不安材料はただ一つ。経営者としてはどうかと思いますが採算度外視…。

 

コンセプトは、

「自分で手に入れる非日常」

家事育児を手伝わないパパがYouTuberより面白い人間なんだ!

インドア派の頼りない彼氏が、実はアウトドアも楽しめる頼もしい人なんだ!

そんなお手伝いをする夢のような企画です。

絶対面白いと思います!

何故なら、考えてる我々自身が、思いっきりカッコつけて、思いっきり遊ばせようとしてワクワクしているのですから!

乞うご期待!

御礼

1ヶ月遅れましたが2021年シーズンがスタート致しました。

毎年書いておりますが、楽しみ10%、不安90%のスタートです。

まだまだ不安も残る情勢でもありますし、昨年の出来事が脳裏に浮かびましたので、早起きをして、1人で神頼みをしてから初日に臨みました。

昨年お越しになることができなかった方も多く、たくさんの電話を頂戴しました。

繋がりにくい中、怒らずに夜までお掛け直し頂いたお客様には感謝しかございません。

感染予防を徹底し、閉鎖的な世の中で、明るく皆様をお迎え出来るようスタッフ一同誠心誠意頑張ります。

皆様のお越し心よりお待ちしています!

 

 

〈〈〈〈 追記 〉〉〉〉〉

不在着信2,418件(15時現在)

途中で電話が熱くなり過ぎてショート。ケータイを氷で冷やす…。

回線も増やし、日程も2日に分けましたが、来年はもう一工夫したいと思います。

大変ご不便はお掛けしましたが、皆様からの愛情を目一杯感じました。

みんな声枯れましたが、本当の嬉しい悲鳴です。

初日ご予約の恩返しは現地にてお返し致します!