この時期は、上高地の雪解けを肌で感じる陽気になってほしいのですが、3月になってから余計に寒くなった松本です。

オープンに向け準備に追われていますが、例年と違うのは、リモートでの打合せが増えました。

先日は、寝袋を新調しようかとあるメーカーお話ししたのですが、数が揃わないと…。

本日は、レンタルテントを増やそうとあるメーカーお話ししたのですが、こちらも数に不安があると言われました。

アウトドアはやはり景気いいですねと冗談を言ってみたのですが、事情は違うみたいです。

メーカーさん共通なのは、コロナで世界情勢が不安定で、どこかの国でパーツが一つでも遅れると商品が完成しない点。さらに、世界的にキャンプブームらしくアウトドア用品が取り合いになっているそうです。

購買意欲を煽っている訳ではありませんが、夏前に道具確保をお勧めします。

(追記)
使い捨てゴム手袋も大量に使いますので、確保に走っていますが、こちらも極品薄状態で、各国でワクチン接触が始まり上げ止まりが続いています。

逆にアクリル板などは、当園は昨年1番高騰している時期に設置したので、現在は1/3程度に…。
うちのアクリル板に「高級」というシールでも貼ろうかと思っています…。