これ以上ない晴天の中、21日にリピータースタッフ中心で入山しました。久しぶりの再会にはしゃぎたい気持ちを抑えつつ、まずは穂高神社にて神頼み。

 

昨年はコロナに加えて、4月からの群発地震。7月には、国道158号線土砂崩れを伴う大雨。更には小梨平での熊騒動と四重苦の年でしたので、その思い出を振り返りつつ、今年は帳尻というものがありますよね…という甘い期待も唱え、目一杯お願い事をして参りました。

手慣れたスタッフたちですので、準備は順調に進んでいます。

誰もいない徳沢で、ソーシャルディスタンスも考え、基本食事は穂高を眺めながら外。本当に贅沢な時間です。

 

本日からは、新人9名も合流し2021年がいよいよスタートです。

例年であれば、歓迎会をという流れになりますが、そちらは行えず…

到着早々に…

仕方がないですね。

ただでさえ不便な場所で、さらに窮屈な生活になってしまいそうですが、その中でニュースタンダードを模索しつつの2021年がスタートしました。