上高地 徳澤園のブログ

月: 2021年5月

どっち

本当に人の少ない上高地ですが、ニリンソウをはじめとした生命の営みはコロナと関係なく、季節とともに訪れます。

特に今年は美しく本当に皆様にお見せしたいくらいです。

緊急事態宣言も延長されまだまだどっちに転ぶか分からない状況の中、少しでも平穏に戻ると信じて夏に向けて準備を進めています。

新しい企画。まもなく、盛大に華々しく皆様にお伝え出来ると思います。

私は、新規事業やもっと深くコロナについて学ぶ勉強会に出席して知識を深めています。

この騒動が多少は収まって賑わう上高地に戻った場合も、まだまだ収束せず、その中で皆様の安心を確保できるように営業を続ける場合時も。
どっちの運命になっても1人奮闘し、どっちの場合も想定し悔いのない5月6月の閑散期を迎えています。

その最中。

スタッフたちからラインが届きました。

どっちの夏になるか分からないキャンプ場の写真です。

ドッチの夏になるか分からないこの状況で…。

ドッチボール始めてました…。

どっちになるとか言ってられず、忙しい夏にしなくてはまずいと痛感しました(笑)

夏にはクタクタになるまで働いてもらいます!

ピカピカ

ニリンソウが咲きほこり一年で1番美しい季節の上高地です。

と、声を大にして言いたいのですが、外出自粛と其々の事情があり、もうどうしたらいいのか分からない日々が続いています。

五千尺ホテルさんのライブカメラをみてみると、誰もいない河童橋。静止画かと思い画面を連打してみましたが、動画でした…。

上高地全施設が営業していますが、どの施設もやることが無く、窓拭きばかりしています。

今年上高地の1番の見所はどこに行っても窓がピカピカなこと!

先程、ほうきを片手に蜘蛛の巣取りのスタッフが一生懸命蜘蛛を探していました。蜘蛛が巣を作るの待っています…。嬉しそうに蜘蛛を見つけて仕事をもらえないかと期待しています…。

隣では、一つの窓を2人で両サイドから見つめ合い汚れを探していました。ミクロの汚れまで探しています。いつの日か来るであろう中国からの黄砂に期待しています…。

喫茶の前のパラソル。時々、風が吹きパラソルがひっくり返ります。我先にみんな走り出します。風が仕事を作ってくれました。

売店スタッフ。一生懸命首を傾げながら補充をしています。よく考えて…。売れなければ補充という仕事は無いんだよ…。

皆さんも我慢。
私たちもまだまだ我慢の5月です。

ニリンソウ

ゴールデンウィークが終わると一気に静かになる上高地。この後のニリンソウシーズンに向け英気を養う時期なのですが、緊急事態宣言によりこの静けさが夏まで続いてしまうのではないかという錯覚に陥ります。

今年のニリンソウの見頃は早そうに思っていましたが、ゴールデンウィークの予想外の雪で例年通り20日前後になるものと思います。

普段混み合うニリンソウシーズンも、今年はまだまだご予約も取れますので、健康に留意して頂きご都合が合えばぜひお待ちしています。

TEAM OSSAN

GWが始まりました。雪もなく春山としてはベストコンディションなのですが、このようなご時世ですので、皆さんをお誘いするようなことも書けず、観光業は只々心苦しいGW(拷問ウィーク)となっています。

じっと黙って待っていることしか出来ませんので、夏迄にはある程度収まり、晴れ晴れとした旅行できる日のことを考え出しました。

当園のスタッフは毎年お客様にお褒めの言葉をたくさん頂戴します。表に立っているのは、若い女性スタッフが多く、スキー場マジックに似た、山小屋マジックでキラキラ輝いて見えるみたいです。(最近、モロハラ等敏感な時代ですので、気をつけて発言しなければなりませんが…)

しかし、その裏には額に油をギラギラさせたおっさんスタッフも頑張って働いてくれています。私ももう43歳。自分ではおっさんと1ミリたりとも思っていませんが、年齢的にはおっさんです。

今までは、若いスタッフの斬新な意見を聞き、商品にしろ、サービスにしろ取り入れてきました。

しかしこの未曾有の世の中で、今までの常識が通用しない時代。明日、どうなるか分からない毎日。不安を煽る報道に震え、政府の一声で情勢が変わってしまう…。

ここは、酸いも甘いも経験し、少しのことでは動じない精神力とバイタリティが必要だと感じました。

そしてこの夏、おっさんのパワーに賭けてみようと新しいプロジェクトを立ち上げました。

 

TEAMおっさん!

 

メンバー1

山小屋の息子として生まれ都会に憧れるおっさん

メンバー2

千葉のネズミの国から来たエリートおっさん

メンバー3

広告代理店に30年勤め、山に憧れて来た夢見るおっさん

 

おっさんメリット

経験豊富

若者よりも夢がでかい

カッコいいこと、感動することを心底考える

 

おっさんデメリット

話が長い

現実より夢を優先

同時に喋り出す

 

しかし!

この夏

これに賭けます!!

絶対明るい観光業を復活させ、ギラギラとした夏になることを夢見て語り尽くします!