本当に人の少ない上高地ですが、ニリンソウをはじめとした生命の営みはコロナと関係なく、季節とともに訪れます。

特に今年は美しく本当に皆様にお見せしたいくらいです。

緊急事態宣言も延長されまだまだどっちに転ぶか分からない状況の中、少しでも平穏に戻ると信じて夏に向けて準備を進めています。

新しい企画。まもなく、盛大に華々しく皆様にお伝え出来ると思います。

私は、新規事業やもっと深くコロナについて学ぶ勉強会に出席して知識を深めています。

この騒動が多少は収まって賑わう上高地に戻った場合も、まだまだ収束せず、その中で皆様の安心を確保できるように営業を続ける場合時も。
どっちの運命になっても1人奮闘し、どっちの場合も想定し悔いのない5月6月の閑散期を迎えています。

その最中。

スタッフたちからラインが届きました。

どっちの夏になるか分からないキャンプ場の写真です。

ドッチの夏になるか分からないこの状況で…。

ドッチボール始めてました…。

どっちになるとか言ってられず、忙しい夏にしなくてはまずいと痛感しました(笑)

夏にはクタクタになるまで働いてもらいます!