上高地 徳澤園のブログ

カテゴリー: 未分類 (Page 2 of 61)

開山

例年通り4月27日。2年ぶりに開山祭が開催されました。

晴天の開山祭。

昔から、開山祭が晴れれば要所要所にお天気に恵まれると言われています。

残念ながら一般の方も参加してという訳にはいかず、インターネット配信という新しい開山祭となりました。

https://www.kamikochi.or.jp/info/view/238

上高地関連の様々な方にインタビューをしています。

「是非ゴールデンウィークに…」
と喉元まで出かかっているのですが、残念ですがお客様を煽ることも出来ず…まだまだ振り回され続けている観光業です。

今年は本当に暖かく徳沢手前の古池は、もう5月のような雰囲気です。

静かなゴールデンウィークとなりそうですが、今年は始められたということだけでも大きな一歩です。

追伸
WEBショップがリニューアルオープンしました。新商品もたくさんご用意してあります。
今年こそは現地にて、物を見てお買い上げ頂きたかったのですが、まさかの2年連続WEBショップ頼みになりそうです。

お買い上げ頂いた皆様。温かいメッセージありがとうございます。全て読ませて頂き支えとなっております。

 

おNEW

フロント くりです

いよいよ4月27日から徳澤園今シーズンオープンいたします。

皆様にお会いできますこと楽しみにしております。

今年もよろしくお願いいたします。

 

そして、オープンに伴いWEB SHOPも明日4月27日よりリニューアルオープンいたします。

大変お待たせいたしました…。

3月からオープンする予定で進んでおりましたが、コロナウイルス等々の影響で商品が揃わず、大変ご迷惑をおかけいたしました。

本日は新しい商品の紹介もさせて頂きます。

 

新たに仲間入りする商品たち

①ひとつぶエコバッグ

 

②パラシュートバッグ

 

③オーガニックコットンTシャツ

 

④THE NORTH FACEコラボスタッフバッグ2021年カラー(レッド)

 

KleenKanteen 保温ボトルニューカラー

 

【WEB限定】THE NORTH FACEコラボ スクエアロゴパーカー2021 年限定カラー(ブラック)

※こちらの商品は4月30日より販売開始です

 

また詳しい商品のご説明はInstagram等を通して発信させて頂きます!

2021年シーズンもみちくさWEB SHOPをよろしくおねがいいたします。

くり

キャンプ場情報

例を見ないくらいに雪解けも早く、キャンプ場全面利用可能です。

多少のぬかるみはありますが、おそらく数日でそのぬかるみも乾くと思います。

水場、トイレも使用できます。

本日は、冬に折れた木の枝も全て取り去り、最高の状態となっております。

朝晩は、0度近くまで下がりますが、日中はTシャツで過ごせるくらいな陽気になりました。

準備開始

これ以上ない晴天の中、21日にリピータースタッフ中心で入山しました。久しぶりの再会にはしゃぎたい気持ちを抑えつつ、まずは穂高神社にて神頼み。

 

昨年はコロナに加えて、4月からの群発地震。7月には、国道158号線土砂崩れを伴う大雨。更には小梨平での熊騒動と四重苦の年でしたので、その思い出を振り返りつつ、今年は帳尻というものがありますよね…という甘い期待も唱え、目一杯お願い事をして参りました。

手慣れたスタッフたちですので、準備は順調に進んでいます。

誰もいない徳沢で、ソーシャルディスタンスも考え、基本食事は穂高を眺めながら外。本当に贅沢な時間です。

 

本日からは、新人9名も合流し2021年がいよいよスタートです。

例年であれば、歓迎会をという流れになりますが、そちらは行えず…

到着早々に…

仕方がないですね。

ただでさえ不便な場所で、さらに窮屈な生活になってしまいそうですが、その中でニュースタンダードを模索しつつの2021年がスタートしました。

発想

まもなくスタッフたちの集合となりますが、まずはスタッフ内の安心を確保するため、今シーズンは全員がPCR検査を受けて陰性を確認してからの集合となります。

まさか、今シーズンも始めからこんな状況になるとは…。上高地内の経営者たちと話をしてもこの話題ばかりです。

幸い松本はほとんど感染者は出ていませんので営業開始は出来るとは思うのですが、何となく是非お越しください!と言うと何処か空気を読めていない感が出てしまう。

静かにしていればいいのでしょうか?

 

リモート会議にも慣れました。

モニター左上に映ってるのは、徳沢ロッジ古畑支配人。徳沢から会議に参加です。モニター下に映ってる美女はロシアの方。

徳沢から会議なんてと昨年迄は思っていましたが、いよいよ現実味が出てきました。

新しい発想が、アフターコロナの観光業のポイントです。

今シーズン。徳沢に図書館的なものを考えていまして、どうしても徳沢に登る前に見なくてはと思い、視察してきました。

元々あった旅館のお風呂がそのまま本屋になっていました。

観光業も試行錯誤を重ねながら必死で頑張っています。

もう間も無く入山です。どうなるか日々変わりますが、皆さんをお迎えする準備だけは整えて、ダメだった場合は、昨年同様スタッフたちを連れて蜂蜜取りに行こうと思っています…。2年連続で大変恐縮ですが、その際はまたあの商品ポチッとお願いします…。

お試し

上高地が1番静かな6月。

人がいないというのが1番の贅沢で安心できるというご時世。

 

梅雨の心配もあり旅行するには躊躇するタイミングですが、新緑で清々しい時期です。

夏山シーズン前のこの時期にお得なプランをご用意致しました。

 

当園で1番人気のある洋室Aタイプ。日本の山小屋で1番高額な宿泊代の洋室Bタイプ。

是非、一度体験してみてください。

 

お試し洋室割引プラン

 

※尚、既にこの時期にご予約のお客様はこちらの方でプランを変更して対応致します。

スタート

入山に向けて準備を進めています。

2021年スタッフも決まり、晴々しい気持ちで皆様をお迎えする気持ちは高まっているのですが…あまり世間的には風向きは変わっておらず苦悩の日は続きますが…

しかしながら、昨年と同じ調子でもう一年過ごすのはあまりにも後ろ向きな感じがし、感染対策、予防は大前提としながら今年は新しい風を吹かせようと思っています。

 

ブログを書くのも忘れるくらい様々な草案を練っておりました。

それは、採用も然り。こんな時期ですが今年のスタッフ人数も過去最多になっています。普段の営業に加え、消毒や換気などの対策にも十二分に人が割けるように。そしていつも通りの徳澤園を再度作り出せるように致します。

上高地で新規プロジェクトを立ち上げるには、各方面への申請も必要となってきます。

この1ヶ月申請した書類は4つ。一つの申請に、多い時は100枚くらい資料が必要になります。

申請先は、環境大臣「小泉進次郎様」宛!

あの小泉さんまで私たちの書いた書類が届くのには3ヶ月もかかります。

 

昨年皆様にお助け頂いたWEBショップ。

今年は、かなりの数の新商品が生まれました。(ご紹介は栗ちゃんがそのうちすると思います)

さらに今のところの計画では、7月に新しい施設ができる予定です。こちらは、このコロナに特化した新しい旅行の提案ができる、私の知恵とアイデア出しまくった今までの国立公園では無かった全くコンセプト、毛並みの違う施設です。

こちらの紹介は、私が後日じっくりとさせていただきます。

 

ワイドショーやニュースを見ると辛くなる時も多いのですが、そんな時は、情熱大陸の曲を流しながら計画書を眺め大成功を想像しながらニヤニヤし、もし、失敗してしまった時のことを考えるときには、ドラマ「小さな巨人」のエンディングテーマ平井堅さんの「ノンフィクション」聴きながら感傷に浸る自分を演じ、妻に励ましてもらって荒波を乗り切っている自分に酔いしれる…。そして、その一連のルーティーンが終わった後には、ビリージョエルの「Piano man」を聴きながら、11月に苦労の先に清々しい気持ちで下山する想像まで出来ております。

(多分、この鈍感力があれば大丈夫のような気がします)

どちらにせよ、想像も出来ないシーズンにはなりますが、上高地、穂高の雄大な大自然と、飴と鞭と鞭と鞭を使って鍛え上げたスタッフがいれば乗り越えられる!

厳しい世の中ですが、ニヤニヤしている余裕はまだありますので、徳沢にてマスクの下でニヤニヤしながらお待ちしています!

 

では、間も無く2021年。

徳沢劇場始まります!

品薄

この時期は、上高地の雪解けを肌で感じる陽気になってほしいのですが、3月になってから余計に寒くなった松本です。

オープンに向け準備に追われていますが、例年と違うのは、リモートでの打合せが増えました。

先日は、寝袋を新調しようかとあるメーカーお話ししたのですが、数が揃わないと…。

本日は、レンタルテントを増やそうとあるメーカーお話ししたのですが、こちらも数に不安があると言われました。

アウトドアはやはり景気いいですねと冗談を言ってみたのですが、事情は違うみたいです。

メーカーさん共通なのは、コロナで世界情勢が不安定で、どこかの国でパーツが一つでも遅れると商品が完成しない点。さらに、世界的にキャンプブームらしくアウトドア用品が取り合いになっているそうです。

購買意欲を煽っている訳ではありませんが、夏前に道具確保をお勧めします。

(追記)
使い捨てゴム手袋も大量に使いますので、確保に走っていますが、こちらも極品薄状態で、各国でワクチン接触が始まり上げ止まりが続いています。

逆にアクリル板などは、当園は昨年1番高騰している時期に設置したので、現在は1/3程度に…。
うちのアクリル板に「高級」というシールでも貼ろうかと思っています…。

非日常

時代にマッチした非日常を提案できないかと考えた一年でした。

感染対策をきちんと講じた上での話です。

閉塞感漂い、楽しいことをしてはいけない。思い切り笑ってはいけない。

どこかで誰かに見られてはいけないと拘束され過ごしてる日々の中で、我々観光業まで笑顔を抑えていては、これからしばらく続く新しい日常に希望が持てないと思います。

私の大好きな三浦知良選手が言っています。

「我慢は、先が見えてこそ我慢できるもの」

凄く共感します。

 

だからこそ、再三申し上げますが、あくまで感染対策をきちんとした上で、新しい楽しみをご提案することが、我々観光業の使命だと思います。

昨年観光業は不要不急と言われ続けました。

でも、私を含めスタッフ全員が信じていたのは、不急だけど不要ではない産業だということでした。

マスクをすること。消毒をこまめに繰り返すことだけが主役にならない娯楽を。

 

まだ、手続きの関係で公には出来ませんが、いい歳をした大人が真剣に遊べる企画を、私の周りにいるいい歳をした大人を集めて動き出しました。

私のような悪ふざけが好きなチャーミングな人間の周りには、同類が集まります。ポジティブ人間集団。しかし、こういう時代には頼もしい。

不安材料はただ一つ。経営者としてはどうかと思いますが採算度外視…。

 

コンセプトは、

「自分で手に入れる非日常」

家事育児を手伝わないパパがYouTuberより面白い人間なんだ!

インドア派の頼りない彼氏が、実はアウトドアも楽しめる頼もしい人なんだ!

そんなお手伝いをする夢のような企画です。

絶対面白いと思います!

何故なら、考えてる我々自身が、思いっきりカッコつけて、思いっきり遊ばせようとしてワクワクしているのですから!

乞うご期待!

御礼

1ヶ月遅れましたが2021年シーズンがスタート致しました。

毎年書いておりますが、楽しみ10%、不安90%のスタートです。

まだまだ不安も残る情勢でもありますし、昨年の出来事が脳裏に浮かびましたので、早起きをして、1人で神頼みをしてから初日に臨みました。

昨年お越しになることができなかった方も多く、たくさんの電話を頂戴しました。

繋がりにくい中、怒らずに夜までお掛け直し頂いたお客様には感謝しかございません。

感染予防を徹底し、閉鎖的な世の中で、明るく皆様をお迎え出来るようスタッフ一同誠心誠意頑張ります。

皆様のお越し心よりお待ちしています!

 

 

〈〈〈〈 追記 〉〉〉〉〉

不在着信2,418件(15時現在)

途中で電話が熱くなり過ぎてショート。ケータイを氷で冷やす…。

回線も増やし、日程も2日に分けましたが、来年はもう一工夫したいと思います。

大変ご不便はお掛けしましたが、皆様からの愛情を目一杯感じました。

みんな声枯れましたが、本当の嬉しい悲鳴です。

初日ご予約の恩返しは現地にてお返し致します!

« Older posts Newer posts »